• フロアガイド
  • 交通のご案内
  • ショップのご案内
  • ショップ「旬」情報
  • 三井タワーについて
  • 日本橋あれこれ
  • 入居者様ページ
日本橋そぞろ歩き

世界でただひとつの眼鏡を
著名人が愛した老舗で

村田眼鏡舗

伊藤博文、島崎藤村…歴史上の有名人がかけていた眼鏡。作っていたのは創業400年を誇る「村田眼鏡舗」。元は鏡師として京都より店を移したが、十一代目の長兵衛氏が眼鏡の技術を習得して眼鏡店を開業。
店内には昭和天皇がかけていたものと同じような丸く、先縄と言われる耳にかける部分が針金のように細い眼鏡が展示・販売され、眼鏡の博物館さながら。制作時は一人一人の顔の形、鼻の形までを事細かに計測。眼鏡職人へ依頼し約半年をかけて自分だけの眼鏡が誕生する。「時間はかかりますが、こだわりのある方にぴったりの眼鏡をお作りします。福井に多くいる職人だけでなく、東京在住の職人にも発注して眼鏡職人を絶やさないことも私たちの使命なんです」と社長の村田氏は語る。

今では希少価値が高いとされるべっ甲、色を選んでオーダーできる

まつ毛の長さや角度に至るまで、オリジナルの機器で細やかに計測

Daiichi Sankyo くすりミュージアム

村田眼鏡舗
東京都中央区日本橋室町3-3-3 CMビル
03-3241-1913

ホームページはこちら > >

  • MAPへ戻る
  • 三越劇場 くるま屋日本橋