• フロアガイド
  • 交通のご案内
  • ショップのご案内
  • ショップ「旬」情報
  • 三井タワーについて
  • 日本橋あれこれ
  • 入居者様ページ
日本橋そぞろ歩き

坪庭や日本画を愛でながら
歴史あるそばをつるりと

室町砂場

1869年創業。情緒ある門構えの「室町砂場」。暖簾をくぐると小ぎれいに整った店内、ちゃきちゃきと動く花番さん、何とも心地よい空気が流れる。食すべきは、こちら発祥の「天ざる」「天もり」。何でも3代目の時、夏に天ぷらそばが出ないことから、賄いでそばつゆに前日の天かすを入れてざるそばをつけて食べてみたら、何とも美味!これが始まりだとか。ざるそばは、蕎麦の実の芯だけを挽いて玉子でつなぐ。のど越しのよさが自慢である。かたやもりそばは、更科粉のすぐ上の一番粉を使用、香り高さを堪能できる。また、酒の肴にだしがたっぷり効いた玉子焼きもお忘れなく。季節の素材といっしょに頂く限定のそばも毎年楽しみにしている人が多いという。1階はテーブル席、改装した2階は掘りごたつのある座敷も準備され、団体での利用も可能だ。

美しく整えられた坪庭や先々代の趣味だった日本画を眺めながら頂きたい

ファンが多い月替わりのマッチ。歌舞伎絵師・鳥居清光氏によるもの

Daiichi Sankyo くすりミュージアム

室町砂場
東京都中央区日本橋室町4-1-13
03-3241-4038

  • MAPへ戻る
  • 榮太樓總本鋪 貨幣博物館